今年はちょっと特別な敬老の日なんです。
ハッピーマンデー制度によって敬老の日は9月15日から9月の第3週目の月曜日に変更になりました。
しかし、今年は9月15日が敬老の日に。
なんか特別な感じがしませんか?

敬老の日とは

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている。
元々は9月15日が敬老の日だったが、ハッピーマンデー制度によって2003年からは9月の第3月曜日となった。しかし、初年度の9月の第3週目が偶然9月15日だった。
そして、今年、2014年の敬老の日も9月15日が敬老の日です。
是非、なんか特別な気分になりませんか?
今年は本来の敬老の日をお祝いしましょう!

敬老の日は純国産!

日本にはいろいろな記念日がありますがその多くは海外からの輸入ものです。
しかし、敬老の日は1947年に
「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」
という趣旨で兵庫県で「としよりの日」として誕生しました。

うっかり忘れていた!でも大丈夫です!

敬老の日を第3月曜日に移すにあたっては高齢者団体から反対の声が多発。
敬老の日を作った方も残念に思われていたそうです。
その事から、9月15日を老人の日、そして15日から一週間を老人週間と定められました。
敬老の日を忘れても、この一週間で長寿のお祝いをすると喜んでもらえるに違いありません!
そんな特別な日だけではなく、日頃から感謝の気持ちを伝えられたらベストですね!

利休園の敬老の日特集

敬老の日