お彼岸

お彼岸とは

まず、お彼岸には2つあります。

春のお彼岸

春分の日と前後3日間
2017年の場合…
3月17日:彼岸入り
3月20日:彼岸の中日(=春分の日。祝日)
3月23日:彼岸明け

秋のお彼岸

秋分の日と前後3日間
2017年の場合…
9月20日:彼岸入り
9月23日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月26日:彼岸明け

なぜお彼岸にお墓参り?

お彼岸にお墓参りをする理由は、私たちの住むこの世と、ご先祖様がいるあの世が一年で最も近くなる日だと言われています。そこから、お彼岸にお墓参りをするようになりました。
なぜ、あの世と一番近い日だとされているかと言うと・・・春分の日と、秋分の日はちょうど、日が出ている時間と、沈んでいる時間がほぼ同じになります。太陽が真東からのぼり、真西に沈む日、お彼岸。ご先祖様の供養はお彼岸が一番近く感じられるとの事です。
ちなみに彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。
・春分の日・・・自然をたたえ、生物をいつくしむ日
・秋分の日・・・祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日

お彼岸のお供え物

生もち 抹茶

お彼岸のお供え物としては古くから、「おはぎ」や「ぼたもち」が主流でした。昔は、「おはぎ」や「ぼたもち」は御馳走だったため、自家製の「おはぎ」や「ぼたもち」をお供えしていました。しかし、現在では自家製の家庭も減り、なにより好みが変わってしまいました。お供え後の子供たちのおやつに人気のお菓子がお彼岸でも人気となっております。
お供えのお花は一般的には白や淡い色の花を贈り、白百合や胡蝶蘭、トルコキキョウ、カーネーションなど見た目にも清楚な印象の種類を使うことが多い様です。
菊のイメージが強いですが、特に菊である必要はありません。
特にルールは無く、季節の花や、ご先祖様がお好きだったお花をお供えされるのがいいでしょう。

お彼岸に向けて

お彼岸までには、仏壇、仏具の掃除、お墓の掃除、お花やお供えを準備してお彼岸をむかえたいですね。
また、お寺にもお気持ちとして、手みやげをもって行く事が多いです。
「お彼岸」を知らなかった方は、今年のお彼岸のお墓参りでは、ご先祖様をより近くに感じられるでしょう。
お彼岸は仏教のものだと思われがちですが、実は日本特有のものです。
ですので、宗教は関係なく、日本にいる方は、是非お彼岸という機会にお墓参りをされるといいと思いますよ。