季節のお茶

穀雨 | 八十八夜はちょうどこの季節。お茶が一番美味しい季節。

穀雨は緑が生き生きとしている、目に優しい季節。

太陽黄経が30度のときで4月20日ごろとされています。
期間としての意味は、4月20日頃~5月4日頃まで。
お茶の業界がそわそわする時期です。
いつ収穫するか。
そこが勝負所。

七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

初候
葭始生(よし はじめて しょうず) : 葦が芽を吹き始める(日本)
萍始生(うきくさ はじめて しょうず) : 浮き草が芽を出し始める(中国)
次候
霜止出苗(しも やんで なえ いず) : 霜が終わり稲の苗が生長する(日本)
鳴鳩払其羽(めいきゅう その はねを はらう) : 鳴鳩が羽を払う(中国)
末候
牡丹華(ぼたん はな さく) : 牡丹の花が咲く(日本)
戴勝降于桑(たいしょう くわに くだる) : 郭公が桑の木に止って蚕を生む(中国)

新茶の季節

長寿には新茶を!
無病息災を願いましょう^ ^

清明 花々が咲き乱れる季節。桜の下で美味しいお茶を飲みましょう!

清明は様々な花が咲き、清々しく明るい季節。

太陽黄経が15度のときで4月5日ごろとされています。
期間としての意味は、4月5日頃~4月19日頃まで。
咲き乱れる花
京都では桜が咲き乱れ、
全国からのお客様も多くお越しになる、
賑やかな季節です。

七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

初候
玄鳥至(げんちょう いたる) : 燕が南からやって来る(日本)
桐始華(きり はじめて はなさく) : 桐の花が咲き始める(中国)
次候
鴻雁北(こうがん きたす) : 雁が北へ渡って行く(日本)
田鼠化為鴽(でんそ けして うずらと なる) : 熊鼠が鶉になる(中国)
末候
虹始見(にじ はじめて あらわる) : 雨の後に虹が出始める(日本・中国)

桜の下で飲みたくなるお茶

ピンクによく合う色、、それは緑。
そんな季節にオススメのお茶はこんなお茶
抹茶入り玄米茶
抹茶そのものもいいですが、「お花見」を考えるとちょっと持ち運びにくいですよね。
濃い緑が特徴的な、抹茶入り玄米茶で
ちょっと肌寒いお花見シーズンを楽しんでください♪

春分 〜一年の節目。終わり、そして始まる季節。〜

春分は、夜と昼の長さが同じになる季節。

春分は現在、だいたい3月21日頃とされています。
期間としての意味は、3月20日頃~4月3日頃まで。
keichistu-top
卒業、そして新たなスタート。
喜び事ですが、バタバタとせわしない季節でもあります。

七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

初候
雀始巣(すずめ はじめて すくう):雀が巣を構え始める(日本)
玄鳥至(げんちょう いたる):燕が南からやって来る(中国)
次候
桜始開(さくら はじめて ひらく):桜の花が咲き始める(日本)
雷乃発声(かみなり すなわち こえを はっす):遠くで雷の音がし始める(中国)
末候
雷乃発声(らい すなわち こえを はっす):遠くで雷の音がし始める(日本)
始雷(はじめて いなびかりす):稲光が初めて光る(中国)

春分にベストなお茶はこちら!

生き物も春を感じで元気になってくる。そんな季節にオススメのお茶はこんなお茶
抹茶入り玄米茶
まだちょっと肌寒い季節です。
桜の下、抹茶入りでちょっと贅沢な玄米茶で、
ちょっと贅沢なひと時を過ごしませんか?

啓蟄(けいちつ)〜朝のつらさも、やわらぐ季節。〜

啓蟄とは冬籠りの虫が這い出る季節

啓蟄は現在、だいたい3月6日頃とされています。
期間としての意味は、3月6日頃~3月20日頃まで。
keichistu-top
冬眠していた虫たちが、大地の暖かさに気づき起きてくる季節です。
ちょうど、虫が飛んでいるのを、頻繁に見かけるようになりました。そんな季節です。

七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

初候
蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく):冬蘢りの虫が出て来る(日本)
桃始華(もも はじめて はなさく):桃の花が咲き始める(中国)
次候
桃始笑(もも はじめて わらう):桃の花が咲き始める(日本)
倉庚鳴(そうこう なく):山里で鶯が鳴き始める(中国)
末候
菜虫化蝶(なむし ちょうと けす):青虫が羽化して紋白蝶になる(日本)
鷹化為鳩(たか けして はとと なる):鷹が郭公に姿を変える(中国)

啓蟄にベストなお茶はこちら!

生き物も春を感じで元気になってくる。そんな季節にオススメのお茶はこんなお茶
玄米茶
お子さんと一緒に美味しく楽しめる、玄米茶がオススメ。
京都利休園の玄米茶は一味違います!

朝にホッと一息

「朝茶に別れるな」「朝茶は福が増す」「朝茶は七里帰っても飲め」などのことわざがあるように、朝に飲むお茶は1日を決定づけるモノとして古くから愛されているんです。朝がちょっと余裕を持てるようになってきたこの時期から、朝にお茶を飲む習慣を身につけてみてください。何か今までと違う自分と出会えるかもしれませんよ。

それぞれの意味

「朝茶に別れるな」
朝のお茶は、今日一日の災いから守ってくれと言われています。「朝一杯のお茶を忘れることなく飲め」という意味があります。飲み忘れると縁起が悪いとも言われています。
「朝茶は福が増す」
朝、お茶を飲めば、その日一日のさまざまな災難を逃れることができるという意味で、昔から朝茶は良いものとされております。信仰のようなものさえあったようです。そこから、神仏から恵み与えられる幸運を意味する「福」が増すと表現されたのかもしれません。
「朝茶は七里帰っても飲め」
朝茶とは、朝に飲むお茶、また朝にお茶を飲む習慣のことです。飲むのを忘れて旅に出たら、たとえ七里の道を帰ってでも必ず飲むべきだという意味の言葉です。

雨水 〜歩くと春の匂いを感じる季節〜

雨水とは、春の訪れを感じられる季節

雨水は現在、だいたい2月19日頃とされています。
期間としての意味は、2月19日頃~3月5日頃まで。
各地で春一番が吹いたり、地域によってはうぐいすの声が聞こえてくる季節でもあります。
春や夏への準備期間。農業の準備をしたり、するのもこの季節。
春のうぐいす
立春はこれから暖かくなってくる時期です。まだまだ実感としては春を感じることはできない寒い季節です。それに比べてこの雨水という時期は、春の訪れを実感できる季節とされています。
春も、もうすぐそこまでやってきていると感じるとなんだかウキウキしますね。浮き足立ってしまう季節。

七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

初候
土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる):雨が降って土が湿り気を含む(日本)
獺祭魚(たつ うおを まつる):獺が捕らえた魚を並べて食べる(中国)
次候
霞始靆(かすみ はじめて たなびく):霞がたなびき始める(日本)
鴻雁来(こうがん きたる):雁が北へ渡って行く(中国)
末候
草木萠動(そうもく めばえ いずる):草木が芽吹き始める(日本)
草木萠動(そうもく きざし うごく):草木が芽吹き始める(中国)

桃の節句もこの季節

クックパッドを見ていたら可愛いお雛様があったので紹介しちゃいます。

練りきりで❀ おひな様 ❀ by PanDomo

練りきりで❀ おひな様 ❀ by PanDomo


ねりきりで作るオーナメント『おひなさま』 by ぴぃちゃんプラス

ねりきりで作るオーナメント『おひなさま』 by ぴぃちゃんプラス


☆簡単ねりきりdeお雛様☆ by つぶこ

☆簡単ねりきりdeお雛様☆ by つぶこ

こんな可愛くて美味しそうなお菓子と一緒にいただくお茶はコレ!

玄米茶
お子さんと一緒に美味しく楽しめる、玄米茶がオススメ。
京都利休園の玄米茶は一味違います!
ひな祭りに、ほっこり温まってください。

立春 〜春の始まりは八十八夜へのカウンドダウン〜

立春とは春の始まり

立春は現在、だいたい2月4日頃とされています。
期間としての意味は、2月4日頃~2月18日頃まで
立春は冬至と春分の中間にあたります。
季節的には、この日から立夏の前日までが春とされています。九州などの暖かい地方では梅が咲き始めます。
残雪
翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられます。春とは「寒さが増さなくなった時期」とされていますので、春の初めは寒さのピークとなります。これからどんどん暖かくなる時期が春なんです。
立春から春分の間にその年の初めて吹く、南方からの暖かく渇いた強い風を春一番と呼びます。

七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

初候
東風解凍(はるかぜ こおりを とく):東風が厚い氷を解かし始める(日本・中国)
次候
黄鶯睍睆(うぐいす なく):鶯が山里で鳴き始める(日本)
蟄虫始振(ちっちゅう はじめて ふるう):冬蘢りの虫が動き始める(中国)
末候
魚上氷(うお こおりを のぼる):割れた氷の間から魚が飛び出る(日本・中国)

八十八夜

お茶摘み
お茶の世界では特別な八十八夜ですが、この立春から数えて八十八夜の事を言います。
「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などといわれるように、遅霜が発生する時期です。この日に摘んだお茶は高級で香り高い美味しいお茶になります。このお茶を飲むと長生きするとも言われており、特別なお茶なんです。京都の宇治では、新茶の手もみ茶や茶摘みの体験などが行われており、お茶の世界が一番盛り上がる季節でもあります。

立春には落ち着いてじっくりと淹れる玉露がオススメ。

まだまだ寒い立春。急いでも暖かさはやってきません。落ち着いて、最後の一滴をいただく感覚で、焦らずゆっくりと暖かくなるのを待ちましょう。
宇治玉露

大寒 〜一番寒いこの季節に一番美味しいお茶はやっぱりコレ!〜:季節のお茶

手を温める女の子

大寒(だいかん)とは

二十四節気の第24。

二十四節気とは・・・1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。二十四気(にじゅうしき)ともいう。太陰太陽暦において月名を決定し、季節とのずれを調整するための指標として使われる。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AF%80%E6%B0%97

現在、だいたい1月20日頃とされています。
期間としての意味は、1月20日頃~2月3日頃まで
寒さが一番厳しくなってくる季節。
大寒の朝の水は1年間腐らないとされています。容器などにいれ納戸に保管する家庭が多いようです。
cd20b49a34e25d68ad4089dc1fb0b432_m
また、この日に生まれた鶏の卵は「寒たまご」と言われており、食べると一年健康に暮らせると言われています。なぜかというと、この時期は卵が取れにくい季節なので、希少価値が高い事と、栄養価が高いと言われています。だから「寒たまご」は特別なんだそうです。
何かと特別な「大寒」ですが、大寒の朝の日の水で入れたお茶を飲むと何かご利益がるかもしれませんね。

七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

初候
款冬華(ふきのはな さく) : 蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す(日本)
鶏始乳(にわとり はじめて にゅうす) : 鶏が卵を産み始める(中国)
次候
水沢腹堅(さわみず こおりつめる) : 沢に氷が厚く張りつめる(日本)
鷙鳥厲疾(しちょう れいしつす) : 鷲・鷹などが空高く速く飛び始める(中国)厲は{勵-力}
末候
鶏始乳(にわとり はじめて とやにつく) : 鶏が卵を産み始める(日本)
水沢腹堅(すいたく あつく かたし) : 沢に氷が厚く張りつめる(中国)

大寒に飲むのお茶はほうじ茶がオススメ

ほうじ茶
寒いこの季節体を温めてくれる効果のあるお茶と言えばやっぱり、ほうじ茶。
熱湯でサッと入れるだけで美味しいのでオススメです。
黒ほうじ

大寒に食べる美味しいお菓子

今回は京都の和菓子屋さん「清閑院」さんをご紹介します。

大寒の和菓子

出典:菓匠 清閑院

古くより大切な節目に食されたとされる 「かぶら」。
こし餡を薯蕷生地でつつみ、かぶらの姿に仕上げました。
葉に見立てた羊羹を手作業であしらった、ひと手間かけた和菓子です。
http://seikanin.zk.shopserve.jp/SHOP/14322001.html

他にも可愛らしいお菓子が沢山ある、清閑院さんですが、このお菓子「大寒」は1月20日までの販売。
お考えの方はお急ぎくださいね。

寒いだけじゃない!
この季節は一年の無病息災を願う季節。

まだまだ、とっても寒いこの季節ですが、ただ、寒いだけの季節ではありません。
「大寒の朝の水は1年間腐らない」や「寒たまご」など、他にも地域によっては特別なイベントが催されたりしております。
無病息災など縁起のいいイベントが盛りだくさん。
あなたも今年の大寒は無病息災を願ってみませんか?
そうは言うものの、やはりほんと寒いですね。
インフルエンザも流行る季節です。
皆様、暖かくお過ごし下さい。

小寒〜年初めには美味しい抹茶をいただきたい。〜:季節のお茶

抹茶

小寒(しょうかん)とは

二十四節気の第23。

二十四節気とは・・・1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。二十四気(にじゅうしき)ともいう。太陰太陽暦において月名を決定し、季節とのずれを調整するための指標として使われる。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AF%80%E6%B0%97

現在、だいたい1月5日ごろか1月6日ごろとされています。
期間としての意味は、1月6日~1月19日まで。
暦の上で寒さが最も厳しくなる時期の前半。次の期間は「大寒」となります。
この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言われており、この日を「寒の入り」とも言う。
暦の上では冬の寒さが一番厳しい時期となります。
だから、この日から「寒中見舞い」を出し始めるのです。

七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

初候
芹乃栄(せり すなわち さかう) : 芹がよく生育する(日本)
雁北郷(かり きたにむかう) : 雁が北に渡り始める(中国)
次候
水泉動(すいせん うごく) : 地中で凍った泉が動き始める(日本)
鵲始巣(かささぎ はじめて すくう) : 鵲が巣を作り始める(中国)
末候
雉始雊(きじ はじめて なく) : 雄の雉が鳴き始める(日本)雊は{句隹}
野鶏始雊(やけい はじめて なく) : 雄の雉が鳴き始める(中国)

お正月のお茶菓子、花びら餅。

正式には菱葩餅(ひしはなびらもち)といいます。
ごぼうと白味噌餡とピンク色の餅を、餅もしくは求肥で包んだ和菓子です。通称花びら餅。平安時代から600年宮中のおせち料理の一つと考えられてきました。明治時代に裏千家家元十一世玄々斎が初釜のときに使うことを許可され、新年のお菓子として使われるようになり、全国の和菓子屋でも作られるようになったそうです。当初はごぼうが2本だったようですが、現在では1本のものが主流です。

花びら餅と抹茶 出典:http://cookpad.com/

花びら餅と抹茶 出典:http://cookpad.com/


うっすらと薄いピンク色が美しいお正月のお菓子は、 裏千家のお茶室で出される格式の高いお菓子です。年末から、お正月にかけてしか販売されれいない所が多い、この時期だけの特別なお菓子なんですよ。

新年のスタートには美味しい抹茶を。

寒の入りが始まり、寒中見舞いを送る季節になりましたが、年末年始の慌ただしさがひと段落したこの季節。
まだまだ寒い季節ですが、冬至を超え、少し太陽が元気に感じるのは私だけでしょうか?
新年の幕開けですから、ちょっと贅沢なお茶でスタートが切りたいですよね。
贅沢なお茶と言えば、抹茶。
特に、この季節ではお茶室で飲みたい。
畳に座っていただきたいですね。